« November 3, 2011 | Main | November 6, 2011 »

November 04, 2011

「国の借金」1000兆円突破、日本の財政赤字はギリシャと違うのか?


国債や借入金を合計した日本の「国の借金」の2011年度末の残高が、1024兆1047億円に達する見通しとなり、1000兆円を突破するそうです。復興債発行が影響したそうです。日経にそのように書かれると「復興債だから仕方ないか」と思うかもしれませんが、それはマインドコントロールを受けています。復興債はたったの11.5兆円で、それが無かったとしても1000兆円は突破しています。
それはともかく、ギリシャが財政赤字で国家破綻の瀬戸際にあって、なぜ日本がそのようになってないのか?ギリシャの財政赤字は約40兆円で対GDP比100%ですが、日本の財政赤字は約1000兆円で対GDP比200%です。日本の財政赤字はギリシャと違うのでしょうか?
簡単に言うと、ギリシャの国債は欧州の銀行が買いこんでおり、日本の借金(国債)は郵貯銀行を含む国内の銀行が買いこんでいて、海外がほとんどないからです。従って日本の場合、預貯金が取り崩されて、銀行が国債を売却しない限り、平穏無事な状態が続くことになります。
でも、これは微妙なバランスで成り立っているわけで、だれかが「日本の財政赤字が一番問題だ」と騒ぎだせば、一気に崩れる可能性があります。それはいつどのような形で表れるのかは、神のみぞ知る世界です。
もしそれが起きてしまった場合、どうなるのでしょうか?それも神のみぞ知る世界なのでしょうが、金融危機は起きても国家破綻まではいかずに、ハイパーインフレが吹き荒れることになるのではないかと想像します。
【関連記事】
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E2E6E2E6E18DE2E6E3E3E0E2E3E39797E0E2E2E2;at=DGXZZO0195164008122009000000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 3, 2011 | Main | November 6, 2011 »