« November 1, 2011 | Main | November 3, 2011 »

November 02, 2011

ギリシャ国民投票、EUなどによる支援策の受け入れの是非を問う・「世界に衝撃走る」

「世界に衝撃走る。」ギリシャのパパンドレウ首相が欧州連合(EU)などによる支援策の受け入れの是非を国民投票にかける意向を表明。アメリカの新聞では各紙トップで伝えられていました。もっとも日経では3面でしたが・・・(日経の世界経済感覚って素晴らしい?)
一般的な理解では、もし国民投票で否決されればギリシャの財政破綻につながる可能性があるとして、来年1月実施見込みの国民投票の成り行きに固唾を飲んで見守ることになるのでしょう。しかし、市場はそんなに気長に待ってくれるでしょうか?
市場は、ギリシャのEU離脱目がけて、ユーロを売り浴びせたり、欧州株式相場で売り浴びせたりして大荒れになることは必至です。そしてEU諸国がそれに耐えきれなくて、ギリシャを切り離したら、次はポルトガルかイタリアのどちらかに狙いを定めて同じことの繰り返しになると思います。
【関連記事】
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C889DE1E4E3E6E7E3E0E2E2E0E3E3E0E2E3E39C9CEAE2E2E2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 1, 2011 | Main | November 3, 2011 »