« September 25, 2011 | Main | September 27, 2011 »

September 26, 2011

枝野幸男経済産業相、東電社員の給与「公務員並みに」・経団連会長、「東電への要求 一方的すぎる」・東電は破綻処理すべき企業だったのだから、給与もらえる話なんかおかしくない?

 枝野幸男経済産業相が東電社員の給与「公務員並みに」と言い、経団連の米倉弘昌会長が「東電への要求 一方的すぎる」と苦言を述べる。この2人は以前にも同じことをやっています。多分、2人でマッチポンプを示し合せて世間のガス抜きをやっているのでしょう。
 そもそも論的には、東電は福島第1原発事故の処理に失敗した責任を取って破綻処理すべき企業であり、破綻させたうえで国が損害賠償の負担をすべきでした。従って、東電社員が給与をもらうこと自体があり得ない話であって、「公務員並みに」するしないというのは、話のすり替えでしかありません。
 民主党からすれば、東電とは深いつながりがあるわけでもないので、民主党の不人気を東電を叩くパフォーマンスを見せることで、逸らせようという魂胆なのでしょう。それに対して、経団連が東電の代わりに反発して見せるという、三文芝居をしているわけです。民主党が本気ならば、東電を破綻処理して発電、送電、配電に3分割してしまえば良いだけです。
【関連記事】
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E4E2E2998DE0E4E2EBE0E2E3E39790E3E2E2E2
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE0E4E2918B8DE0E4E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 25, 2011 | Main | September 27, 2011 »