« June 10, 2011 | Main | June 12, 2011 »

June 11, 2011

「非現実的な夢想家」の村上春樹さん、「日本は原子力発電を拒否すべきだった」・これを「あつものに懲りてなますを吹く」と言う。

村上春樹氏がカタルーニャ国際賞の授賞式で日本の原発を批判し、被爆国である日本は原発を拒否すべきであったと主張したそうです。あまりにも粗雑な論旨なので、がっかりしました。これでは「羹に懲りて膾を吹く」のと変わりありません。今回の原発事故に対する真相究明と今後の恒久対策を明らかにすることが最重要です。そうであれば、原発事故調査委員会設置が法的根拠を持たないことが大問題だと思います。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110610-OYT1T00385.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 10, 2011 | Main | June 12, 2011 »