« December 8, 2008 | Main | December 10, 2008 »

December 09, 2008

麻生太郎首相、7割の宗教では労働は罰と持論を披露・聞いただけで疲労が出る?

麻生太郎首相がキリスト教、イスラム教など7割の宗教で労働は罰としているのに対して日本では神々が働くので労働は善であるとの独自の宗教観と労働観を披露したそうです。しかしキリスト教でもルターの宗教改革によって成立したプロテスタントは労働を善と考えているし、日本の労働観は神道というよりも大乗仏教の影響の方が大きいと言う研究者もいます。麻生首相はカトリックだから仕事が大嫌いないのかな?(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081208ddm002010113000c.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 8, 2008 | Main | December 10, 2008 »