« August 24, 2008 | Main | August 26, 2008 »

August 25, 2008

10年後に医学部定員1.5倍に、医師不足解消へ・検討会のメンバーは問題発見コースを受けた方が良いですね。

厚生労働省の検討会が大学医学部の定員を10年後に現在の1.5倍の1万2000人にするとの中間報告書骨子案を纏めたそうです。しかしこの案では問題の本質を把握しておらず、問題解決に至りません。例えば産婦人科、小児科、外科の医師のなり手が減少しているのは、現在の診療報酬では医療リスクに対する正当な対価が得られないからです。この問題に手を付けない限り医師を増やしても為り手が現れません。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080825AT3S2400K24082008.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 24, 2008 | Main | August 26, 2008 »