« December 17, 2006 | Main | January 14, 2007 »

December 24, 2006

6ヵ国協議、何の進展も無く終了・もう6ヵ国協議の存在意義が終了したと言うべきか?

12月18日から再開された北朝鮮の核問題を扱う6ヵ国協議ですが、何の進展もなく終ったというのがマスコミ一般の解釈です。しかし、北朝鮮からみれば進展があったというべきだと思います。つまり米国と直接交渉が出来て、核問題と切り離して金融制裁について次回も米国と直接交渉できることになったからです。きっともう2度と6ヵ国協議は開かれないでしょう。6ヵ国協議はその存在意義が終ったからです。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061220AT2M1903819122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061222AT2M2200U22122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061223STXKG003523122006.html

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ブッシュ大統領、イラク治安回復のため米軍の短期増派を主張・状況は内戦なのに最後の悪あがきか?

ブッシュ政権内で唯一のネオコンであるブッシュ大統領が、米軍イラク撤退の方向に舵がきられる中、イラクの治安回復に向け米軍の短期増派を主張しています。詭弁だと思います。イラクはシーア派とスンニ派の内戦に突入しており、クルドは分離独立へ動いており、もうどうにも止まらない状況だと思われます。イラクを訪問中のゲーツ米国防長官はブッシュ大統領に自分の意見をもの申すことが出来るのでしょうか?(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20061220AS2M2002M20122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061221AT2M2003720122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061222AT2M2200D22122006.html

| | Comments (1) | TrackBack (0)

野村HD、米投資運用会社フォートレスに約1040億円出資・確かフォーレストは株式公開申請中と思うのですが・・・

野村HDが総額260億ドルの米投資運用会社フォートレス・インベストメント・グループに8.88億ドルを出資し,同社の15%の株式を取得すると発表しました。しかしフォーレストは11月に株式公開申請しており公開株価次第では本当に15%も取得できるか疑問です。またフォーレストの金融商品を扱いたいのであれば必ずしも株式を持つ必要性はないと思います。この出資の本当の目的は何なのでしょうか?(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061219NTE2IEC0519122006.html
http://www.asahi.com/business/reuters/RTR200612190052.html

| | Comments (1) | TrackBack (0)

日興コーディアルグループ、粉飾決算で課徴金5億円・カネボウやライブドアとは違って処分軽くありませんか?

日興コーディアルグループが2005年3月期決算で粉飾をしていた問題で、なぜ日興は有価証券報告書の訂正及び課徴金5億円で許されるのでしょうか?同じように粉飾決算をして有価証券偽造に問われたカネボウやライブドアとは犯罪の構造のどこがどう違うのでしょうか?これは日興が国内3位の証券会社でお仲間だからでしょうか?証券取引等監視委員会は処分の違いについて説明責任を果たすべきだと思います。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20061218NSE2IEC0418122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061218AT2C1804H18122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061218AT2C1804I18122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061219AT3L1905F19122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061223AT2C2204J22122006.html

| | Comments (1) | TrackBack (1)

安倍政権、約3ヶ月で逆風強まる・100日プラン失敗で再浮上の方法は如何に?

安倍政権が9月26日に成立して約3ヶ月が経ちましたが、郵政造反組の復党や政府税制調査会の本間正明会長の公務員官舎への入居問題などで、政権への逆風が強まっています。安倍政権が重要法案と位置づけた改正教育基本法や防衛庁の省昇格法は成立しましたが、自画自賛の評価と世論の評価は随分ズレているようです。100日プランに失敗して求心力を失いつつある安倍政権に再浮上する方法はあるでしょうか?(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061220AT3S1902919122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061221AT3S2101R21122006.html

| | Comments (0) | TrackBack (2)

安倍首相、大手銀行の政治献金再開に自粛表明・それなら大手銀行の無担保融資も返済したらどう?

政権党の自民党に政治献金再開を決めた大手銀行に対して、安倍首相が献金自粛を表明しました。当たり前です。国民に金利を払わず、法人税も払わない銀行が政治献金等をして良いわけがありません。しかし大手銀行は担保も取らずに80億円も自民党に融資しています。この融資は銀行の政治献金で返済されるわけなので政治献金の前払いです。自民党への無担保融資は全額引当されているのでしょうね、金融庁さん。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061219AT3L1905H19122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061220AT3S1902719122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061220AT3S2000H20122006.html

| | Comments (0) | TrackBack (1)

イラン選挙、保守穏健派が躍進・これはイランの方針転換のシグナル?

12月6日にベーカー元国務長官らISGが「新外交攻勢」の一環としてシリア、イランを含むイラク隣国と早急に協議開始を求める提案をするや、12月17日のイラン専門家会議、地方評議会の両選挙でアハマディネジャド大統領の保守強硬路線を批判する保守穏健派が躍進したそうです。話が出来過ぎです。これは米国の方針転換のシグナルに対して、イランも方針転換のシグナルを送ったということだと思います。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061217AT2M1701117122006.html
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20061218DXKB001518.html
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/us/20061219D2M1900719.html

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 17, 2006 | Main | January 14, 2007 »