« December 10, 2006 | Main | December 24, 2006 »

December 17, 2006

イスラエル、オルメルト首相が自国が核保有国と認める発言・公然の秘密ではありますが・・・

GCC加盟6ヶ国(スンニ派)が、10日隣国イラン(シーア派)の核開発の対抗措置として、核開発の着手を宣言しました。またイスラエルのオルメルト首相が11日訪問先のドイツで自国が核保有国と認める発言をしました。火に油とはこのことです。イランが激しく反発し、米政府はGCCの核開発は平和利用などという戯けたコメントです。石油が出る国が核開発する理由など一つ(核兵器開発)しかありません。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061211AT2M1100E11122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061212AT2M1200D12122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061213AT2M1302F13122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061213AT2M1202N12122006.html

| | Comments (3) | TrackBack (1)

仏ルモンド紙、「核兵器保有の誘惑にかられる日本」・全て久間章生防衛庁長官や中川昭一自民党政調会長の所為

14日付の仏ルモンド紙は「核兵器保有の誘惑にかられる日本」と題する解説記事を載せました。これにより欧米の有識層が北朝鮮よりも日本の核に深い疑念を持ち始めたことは明らかです。このような結果をもたらしたのは、久間章生防衛庁長官や中川昭一自民党政調会長の「核」の議論をして何が悪いと云う発言の所為だと思います。「口は災いの元」であり、「沈黙は金」という諺を知らない馬鹿どもだと思います。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061214AT2M1303714122006.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

H&M、2008年秋に日本に進出・どうするユニクロ?

欧州カジュアル衣料大手のヘネス・アンド・モーリッツ(H&M)は11日、2008年秋にも東京に1号店を開き、日本市場に進出すると発表しました。H&MはZARAと同じくハイ・ストリート・ファッション(やや高級感のある街中発想の気軽な服)なので、高級感のないユニクロには脅威ではないかと思います。H&Mが日本で急展開するためにはどこか買収すると思いますが、どこがターゲットでしょうか?(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20061211AT1D110C111122006.html

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ジェイコム株誤発注利益の基金、未だに使い道が決まらず・アフリカ難民基金にでもしたらどうですか?

昨年12月のジェイコム株誤発注利益をUBS等に吐き出させて作った209億円の基金の使い道が決まらないそうです。証券業界全体の利益につながるシステム基盤整備に充てるためと云う理屈でしたが、実際には使い道が無かったわけです。このままだと天下り役人の飲み食いに消えていく可能性が大です。こうなったら兜町にジェイコム株誤発記念碑を立てて、残りはアフリカ難民基金にした方が良いと思います。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061213AT2C1203O12122006.html

| | Comments (3) | TrackBack (0)

改正中心市街地再活性化法、富山市と青森市が地域認定の第1号に・顧客の視点が全く欠けています。

「改正中心市街地再活性化法」に基づく地域認定の第1号に、富山市と青森市が選ばれるそうです。改正法の趣旨は郊外立地規制をして市中心街を活性化させるのだそうですが、顧客の視点が全く欠けています。結局、顧客は隣接市町村の大型店に流れるだけで、市中心街は寂れていく一方だと思われます。そもそも市中心街を活性化させる主体は誰なのか、リーダーシップが取れる形態になっているのか、甚だ疑問です。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061217AT3B1404116122006.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

改正教育基本法成立、第二条の五「愛国心」・高い税負担や将来貰えない年金を文句も言わずに払う態度を養うこと

安倍政権の最重要法案と位置付けられた改正教育基本法が成立しましたが、第二条の五「愛国心」が挿入されました。伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する・・・態度を養うことだそうですが、私には高い税負担や将来貰えない年金を文句も言わずに払うような政府に都合の良い無批判な態度を養うことを「愛国心」と呼んでいるようにしか思えません。これでは鋭い個性は育ちません。(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061214AT3S1400I14122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061216AT3S1502515122006.html

| | Comments (1) | TrackBack (1)

安倍晋三首相、国債新規発行額の減額幅を過去最大とするよう指示・ご立派な指示だことで・・・

安倍晋三首相は11日、2007年度予算編成で、歳入不足を補うための国債の新規発行額の減額幅を過去最大とするよう指示し、国債発行額を06年度当初予算から4兆4170億円以上減らすそうです。財務省は16日、2007年度予算の一般会計税収見積もりを06年度当初予算に比べて7兆5000億円以上増額したそうです。約3兆円ほど計算が合わないのですが、誰がどのような無駄使いするのでしょうか?(Duke@神奈川)
【関連記事】
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061211AT3S1101511122006.html
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061217AT3S1600Q16122006.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 10, 2006 | Main | December 24, 2006 »