« October 23, 2005 | Main | November 5, 2005 »

October 30, 2005

米ウォルマート、来期国内外で過去最多の600店新設を計画

米ウォルマートは来期国内外で今期計画の530店を上回る過去最多の600店を新設するそうです。米国内出店370店、海外出店230店で、2004年7月時点の国内外の店舗数5,687店(米国4,210、海外1,477)を元に計算すると、米国8.8%、海外15.6%の店舗新設です。この数字から米国小売市場10%シェアを維持しつつ、海外を強化しようという意図がよく読み取れると思われます。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブッシュ大統領、もう「死に体」で完全にレイムダック化か?

ブッシュ大統領はもう「死に体」の状態で、完全にレイムダック化すると考えて良いでしょうか?理由は1.イラク戦死者が2000人を超えたこと、2.CIA工作員の身元漏洩事件で副大統領側近が起訴されたこと、3.連邦最高裁判事に指名したマイアーズ大統領法律顧問の指名を撤回せざるを得なかったことです。今後は米国のブッシュ政権による末期的混迷を計算に入れて国際情勢を考えるべきかと思われます。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベン・バーナンキCEA委員長、次期FRB議長に指名される

ベン・バーナンキCEA委員長が次期FRB議長に指名されました。同氏はグリーンスパン議長時代に築かれた政策戦略の継続性を維持すると表明していますが、金融政策の指針としてのインフレ目標を主張しています。バーナンキ氏はどこまでグリーンスパン・マジックを理解しているのでしょうか?実はグリーンスパン氏が演出した「根拠なき熱狂」が終焉した時、バーナンキ氏はインフレ目標を導入するでしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英ボーダフォン、インドの携帯電話会社の株式10%を取得

英ボーダフォンがインドの携帯電話会社バーティの株式10%を15億ドルで取得したそうです。日本ではNTTやauとの競争に敗れましたが、経済成長著しいインドを狙うというのは目の付け所が良いと言うべきでしょう。先週インドは国内通信企業への外国人出資比率の上限を74%に緩和しました。NTTドコモも74%出資して経営権が握れるインド進出は成長戦略として有効だと思いますが、如何でしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中村邦夫・松下電器産業社長、プラズマテレビでインチ当たり5000円を目指す

中間期連結業績が好調だった松下電器産業の中村邦夫社長は、プラズマテレビについて画面サイズでインチ当たり5000円を目指して事業を進めていくと表明しました。そうなれば液晶テレビも引きずられて当然インチ当たり5000円に為らざるを得ないと思います。液晶で稼いで来たシャープも価格競争に巻き込まれます。液晶に高級化路線がないのであれば、シャープは先に値下げ競争を仕掛けるべきでしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明治安田生命保険、金融庁が2度目の業務停止命令を検討

金融庁は保険金不払いが相次いだ明治安田生命保険に個人向け保険の募集を2週間停止などの業務停止命令を出すそうです。業務停止命令は2月に続いて2回目であり、内容も悪質です。シティバンク在日支店が違法営業をしたとして外貨預金の新規募集で1カ月の業務停止命令を受けたのと比べても、処分が軽すぎると思われます。金融庁は明治安田生命保険の保険業の免許を取り上げて解散させるべきだと思われます。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

前コクド会長堤義明被告、執行猶予付き有罪判決

西武鉄道株の有価証券報告書の虚偽記載、インサイダー取引の罪に問われた前コクド会長堤義明被告に対して東京地裁は執行猶予4年付き有罪判決を言い渡した。証券市場のあるべき公正さ、透明性を真っ向から否定しても、執行猶予が付くというのであれば経営にモラルハザードが起きると思われます。堤被告に違法性の認識が無かったと言うならば、懲役2年6月刑務所でゆっくりとその認識を変えてもらうべきです。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 23, 2005 | Main | November 5, 2005 »