« 米アップルコンピューター、日本で音楽配信事業チiューンズ開始 | Main | 小泉首相、終戦記念日の靖国参拝を見送り »

August 20, 2005

ホリエモン、自民党の刺客として広島6区から無所属で衆院選出馬

堀江貴文ライブドア社長が自民党の刺客として広島6区から無所属で衆院選出馬するそうです。どうせなら、自社株売却で得た143億円を元手にホリエモン党を作って、郵政民営化反対派の小選挙区37に候補者を立てて、ライブドア・ニュースでがんがん「報道」すれば、公明党の現有勢力に匹敵する第3勢力になれると思われます。彼がこのような展望を考えず、自民党の単なる使い走りになるのは悲しい所以です。(Duke@神奈川)

|

« 米アップルコンピューター、日本で音楽配信事業チiューンズ開始 | Main | 小泉首相、終戦記念日の靖国参拝を見送り »

Comments

今日、広島6区府中市の、とあるマスメディア女性編集長とお話したら、
「今、日本の中心は、広島6区よ♪」
なーんておっしゃってました!^^)
昨日、選挙区まわりするホリエモンを見かけたそうですが、
テレビ映りとはちがってガッチリした体つきをしてたということで、それ聞いて【亜写】もびっくり。
(ワイドテレビでいつもみてらからなぁ。笑)
※TBありがとうございました。m_m

Posted by: 【亜写】 | August 21, 2005 01:53 PM

TBありがとう。
livedoorにとっても彼にとってもこの出馬が転機になりそうな予感がします。
でも無所属よりもIT新党が良かったのでは?

Posted by: wings2003 | August 21, 2005 06:15 PM

堀江氏は、これまで投票に行ったことがないと公言していた。それなのにそれをまともに指摘するコメンテーターもいなければ、レポーターもいない。これはどうしたことですか。民主主義を標榜する自民党であれば、堀江氏を支援するのはおかしいのではないですか。一体、どの面下げて、投票してください、と訴えるのですか。少なくとも、前回の選挙で投票したことがない人は立候補すべきではありません。投票権は20才に与えられ、衆議院に立候補できるのは25才です。この年齢差には意味があるのです。そう考えると、参議院に立候補できるのが、30才というのも理解できるはずです。堀江氏は経済をわかっているといいますが、それと金儲けができるということとは意味が違います。まして、政治における経済はそうです。
年金について、にわか仕込みで勉強したが、複雑すぎてさっぱりわからないと、8月24日午後5時頃のテレビニュースで語っていた。確かに複雑だが、おそらく年金など考えたことがこれまでなかったから、そういえるのだろう。月々の国民年金料の支払いに頭を悩ませている庶民は肌で年金問題を感じている。視聴率だけがほしいテレビが知名度のある者のみに焦点をあて、騒ぎ立てている姿に、この国に民主主義は定着していないと思えてならない。

Posted by: 北区の住民 | August 24, 2005 05:47 PM

コメントありがとうございます。
本当のところ、ホリエモンは落選を狙っております。理由は以下の通りです。
1.当選を狙うなら、福岡1区から出ているはずです。当選したら困るから広島6区から出て話題作りをしただけです。
2.当選したら、ライブドアの株価が下がり、彼の資産価値が下がります。実際、彼が出馬するという報道だけで株価が下がりました。
3.本当に当選を狙うならば、手段を選ばずライブドア・ニュースを使ってがんがんホリエモンを宣伝するはずです。今回、ライブドア・ニュースでは、選挙報道は自主規制するそうです。
さて、ホリエモンはどちらかと言えば、自民党よりも民主党寄りです。実際、自民党に呼ばれる前に民主党と相談しています。亀井氏は前回民主党候補に1万7千票まで詰め寄られており、ホリエモンが亀井氏の票を1万票ぐらい奪うことが出来れば、亀井氏は落選して民主党候補が当選するでしょう。小泉首相としては、亀井氏が当選するくらいなら、民主党候補が当選する方がまだましと考えています。また、民主党も当選者が1人増えて万歳です。つまり、ホリエモンは落選しても自民党小泉首相にも民主党岡田代表にも恩を売ることが出来るということです。万が一、当選した場合には、きっと当選辞退することでしょう。

Posted by: Duke Ken Usui | August 27, 2005 09:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホリエモン、自民党の刺客として広島6区から無所属で衆院選出馬:

» 堀江社長の出馬によって [兄やんの一言モノ申す]
出ないと思ってブログでも取り上げなかったんですが、出たので書いておきます。 当選するかしないかは別として、兄やんとしては良いように捉えています。 悪いように言う人もいますが、経済人から政治家になるというのは、珍しいことでもないですし、日本の将来的な経済を....... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 12:22 PM

» ライブドア堀江社長衆院六区から出馬、亀井静香・元建設相と激突。 [私でもいいですか?]
かねてから噂の有ったライブドア堀江社長の衆院選挙への出馬。 [Read More]

Tracked on August 21, 2005 12:24 PM

» ホリエモン無所属で広島6区(vs亀井静香氏)に出馬 [時評親爺]
自民党小泉首相らとの話し合いを経たライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文社長が、「国民新党」の亀井静香氏の地元・広島6区からの無所属での出馬を表明した。自民党・小泉首相もそれに肯定的のようである(19日付産経新聞)。しかし堀江氏、言うこと(やること)が大胆と言うか緻密と言うか当期利益50%増と言うか←自分でも言っている意味が良く判らないが・・・。自身の当落に関わらず、「亀井静香氏の広島6区に対抗出馬」ということだけで話題性をもぎ取りまくっている。それに乗っかろうとしている自民党小泉首相も当期利益10... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 12:37 PM

» 小泉首相≒二代目大谷鬼次 [時評親爺]
堅苦しい政治の話題が続いていたので、息抜きにパロディ画像などを作成してみた。 題して・・・「三代小泉郵政鬼次の奴永田町兵衛」(作:時評斎親爺) ※これまで拙い当ブログに多方面かつ貴重なご意見のTBを戴いた「郵政解散・選挙関連」の記事を中心にTBさせていただきましたが、受信側ブログのポリシーやコンセプトから当記事のような主旨が不都合不適切の際は、私が送信したTBは削除していただいて差し支えありません。 稚拙なためどこか遠くのブログ街角で晒されると困ってしまうので・・・禁無断転載 です ... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 12:38 PM

» ホリエモンがおいらの街にやってきた:広島6区出馬 [@@みてござる<僕らの宝島>]
▼第2回(8月20日10:00) 選挙関連をこのエントリーに追記していくことにしました。 昨日の尾道駅の盛り上がりようは、尋常ではなかったようですね。 スコミに加えて、携帯のカメラでホリエモンを撮影する人の姿も多く見受けられたようです。 地元の声としては、「地元に... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 01:46 PM

» ホリエモンvs亀井 映像 [Here There and Everywhere]
ホリエモン、テレビ番組で亀井氏と激突もし有効な情報がありません となっていてもプレイボタンを押してください 「山の中の郵便局がなくなる」「おかしいんじゃないですか。それは言い過ぎですよ」。衆院広島6区から出馬を表明した国民新党の亀井静香・元自民党政調会長(68)とライブド... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 02:00 PM

» 堀江社長、広島6区から無所属で出馬 ― 亀井静氏と直接対決 [ブログ生活 - つれづれなるままに -]
◇ライブドア堀江氏、無所属で広島6区から衆議院選挙に正式出馬 - CNET Ja... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 03:20 PM

» ビックリ!想定外!ホリエモン、無所属での出馬 [kichis Blog]
ニュースを聞いてビックリしました。ライブドアの堀江社長、無所属で広島6区へ出馬すると。「なぜ無所属での出馬なのか」本音を知りたいです。もしかして、ホリエモン流新たな世渡り術かも。亀井新党vs小泉自民党から亀井vs堀江と言う構図の変化で、亀井vs小泉の直接対決を回避...... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 04:20 PM

» ライブドアも大変だなあ… [アホ理系青年の主張〜あれこれ情報収集分析隊〜]
 前回の記事で邪推していたことが完全に外れ、某IT関連企業社長の立候補が本当の話になったようであるが、この衆議院議員選挙に関してライブドアの中はナーバスになっているようである。  2005年衆議院議員選挙に関するlivedoor ニュースの報道姿勢について  livedoor... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 04:46 PM

» livedoor堀江社長が、衆議院選挙に正式出馬!! [ぬるいSEの生態]
livedoor堀江社長が、無所属で広島6区から衆議院選挙に正式出馬するとのが決定。 「今は東京に住んでいるが、住民票を広島6区のどこかに移します」とのこと。 何でも飛び付きますね。。 まぁ、超ポジティブで悪いとは思いませんが、巻き込まれる人達のことも考えている... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 04:49 PM

» ホリエモン、しずかちゃん [あんなこと、こんなこと。どんなこと?]
ホリエモンは無所属からですか。そうなると、思った通り、やはり狙いは政治ではなく経済ですね。 時評親爺さんいわく、 >※当事者には不謹慎で恐縮だが・・・「ホリえもーん!」、「しずかちゃーん!」の図は偶然にしても面白すぎる。 残念ながら、前回のエントリで、ホ....... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 05:44 PM

» 核心を衝こうとしないマスコミ [花崗岩のつぶやき]
ライブドアーの堀江社長が広島6区から無所属で立候補することになり,フジテレビ系での亀井静香氏との対談や,テレビ朝日系列のサンデー・プロジェクトなど多くの番組に出演しています.堀江氏は「郵政民営化に賛成だから」と答え,コメンテーターは判で押したように「社長を... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 10:41 PM

» ホリエモン出馬 [徳島で働くとある公認会計士の本音]
ライブドアの堀江社長が衆議院選に無所属で出馬するようです。 出馬する選挙区は、広 [Read More]

Tracked on August 21, 2005 11:57 PM

» ホリエモン 無所属で出馬 [王様の耳はロバの耳]
各処で散々「若造」とか「新参者」とか叩かれていたのに、郵政に賛成しただけで万事丸くおさまるあたりが不思議だ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050819-00000005-yom-pol&kz=pol [Read More]

Tracked on August 22, 2005 05:03 PM

» 堀江貴文氏、福岡1区ではなく広島6区から [4次元ポケット]
自民党の出馬要請を受け、次期衆院選で福岡1区から立候補する                           (広島6区) 場合の堀江貴文氏の出馬会見想定問答です。 堀江「(額の汗をぬぐいながら)この度、自民党から政界へ    新規参入を図... [Read More]

Tracked on August 23, 2005 10:42 AM

» 刺客改め「オレオレ候補者」〜自民、新呼称提案 [bogusnews]
資料写真: 剣客商売第2シリーズ 第5巻 →この商品をAmazonでチェック 自由民主党広報部は29日、いわゆる“造反議員”に対抗して擁立された候補を指す新呼称として「オレオレ候補者」を使用すると決定。同日付で報道各社に“呼びかえ”を求める異例の通達を出した。 ..... [Read More]

Tracked on August 29, 2005 04:49 PM

» 自民党が推すホリエモンについてのナルホド。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
ブログ「道化師のソネット」より Before「選挙にはほとんど行ったことがありま [Read More]

Tracked on September 01, 2005 08:35 PM

» 郵政民営化とは本当は何なのか - 公社分割と株式売却の中身(なるほど、キーワードはホリエモンだ) [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
「世に倦む日日」より。http://critic.exblog.jp/33859 [Read More]

Tracked on September 01, 2005 08:36 PM

» ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 みなさんご協力ありがとうございました。10サイトを突破しついに「マスコミ批評」 [Read More]

Tracked on September 01, 2005 08:37 PM

« 米アップルコンピューター、日本で音楽配信事業チiューンズ開始 | Main | 小泉首相、終戦記念日の靖国参拝を見送り »