« April 30, 2005 | Main | May 14, 2005 »

May 08, 2005

今度は台湾野党第2党親民党主席が訪中、陳水扁総統の対応策は如何に?

先に台湾の野党第1党の国民党連戦主席が訪中したばかりですが、今度は第2党の親民党宋楚瑜主席が中国の招きを受けて訪中しました。中国側は独立志向が強い民主進歩党・陳水扁政権に揺さぶりを掛けていますが、陳水扁総統としてはどのような対策が有り得るでしょうか?陳総統は宋主席に中国指導部との橋渡しを依頼したそうですが、どうすれば中国の胡錦濤国家主席は陳総統と建設的な会談に応じるでしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (6) | TrackBack (1)

祝ブレア首相、英国下院総選挙の勝利で同党史上初めて3期連続で政権担当

英国下院総選挙の結果、ブレア首相率いる労働党は同党史上初めて3期連続で政権を担うことになりました。ご同慶の至りですが、労働党の得票率がたったの35.2%に対して野党である保守党32.3%、自民党22.1%の批判票の合計が54.4%もあり、英国国民の民意は反労働党だったことが分かります。従って、ブレア首相は早晩政権運営に行き詰まって、途中で政権を放り出す可能性が高いと思われます。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

反日デモで荒らされた北京の日本大使館、日本政府が原状回復受け入れへ

町村外相と中国の李肇星外相がASEM外相会議が開かれた京都で会談しましたが、中国側は反日デモ被害の賠償と謝罪に応じませんでした。一方日本政府は反日デモで荒らされた北京の日本大使館の現状回復を受け入れるそうです。なぜ日本政府は何事も穏便に済ませようと譲歩を繰り返すのでしょうか?用意周到に準備して相手を妥協に持ち込ませるのが外交ではないでしょうか?やっぱり外務省が癌なのでしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中央青山監査法人、企業の組織的粉飾決算への監査体制を強化とか

中央青山監査法人が今後企業の組織的な粉飾決算を見逃さないようにするため、監査体制の強化に乗り出すそうです。中央青山は足利銀行やカネボウの粉飾決算を長年に渡って見逃してきましたが、実際には2人3脚で粉飾決算の片棒を担いできたと言われても仕方ありません。また中央青山は監査能力そのものが疑問視されるので、金融庁は軽微な行政処分ではなく、ライセンスそのものを取り上げるべきだと思います。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米モルガン・スタンレー、西武グループを最大190億ドルでの買収を検討?

5月3日の日経朝刊第1面によると米モルガン・スタンレーが西武グループを最大190億ドルでの買収を検討しているとのことです。しかし同社はこれを否定しました。どのような裏事情があるのでしょうか?先に手を挙げたゴールドマン・サックスが文句を言ったからでしょうか?それとも買収されては困る「みずほ銀行」が横槍を入れたからでしょうか?どちらにしても理由が薄弱だと思います。非常に不可解です。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米S&P、GMの社債挌付けを「投資不適挌」に

ついに米S&PがGMとFordの社債格付けを「投資不適格」の水準に引き下げました。これでGMの経営が加速度的に苦境に陥ることになりますが、GMが立ち直るには何が最も必要なことでしょうか?人員整理のリストラでしょうか?トヨタとのハイブリット車の技術提携でしょうか?それともトヨタに第三者割り当てをして33.4%の株を持ってもらって、トヨタとの資本提携まで行くことになるのでしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR西日本に企業風土の改革など出来るのか?

尼崎JR脱線事故に関するJR西日本の余りにお粗末な対応は、JR西日本が経営効率第一で人命安全軽視であったことを日々明らかにしています。経営幹部の業務上過失致死罪での追求は必至です。JR西日本はどうしてこのような体質の企業になってしまったのでしょうか?今の経営幹部や労組で企業風土の改革など出来るのでしょうか?もしJR西日本の企業風土の改革を依頼されたら、どのような手を打ちますか?(Duke@神奈川)

| | Comments (6) | TrackBack (3)

« April 30, 2005 | Main | May 14, 2005 »