« January 2, 2005 | Main | January 16, 2005 »

January 09, 2005

60、70代の65%、「年金だけで暮らせぬ」・日経シニア世代意識調査

日経新聞社調査によると、60、70代の65%が「年金だけでは生活費が足りない」と感じているそうです。彼らの年金手当ては比較的厚く、彼らは勝ち逃げ組だったはずです。60歳以上のシニア世代は生活を維持するため蓄えを取り崩していますが、それは維持出来るからまだ良い方です。その後の世代は年金も蓄えもない負担のみの世代なので、きっと才能ある人々は海外流出して日本にはいなくなると思います。(Duke@神奈川)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

スマトラ沖大地震、奥田碩日経連会長が日本政府の対応に憤慨

スマトラ沖大地震と津波被害に対して、奥田碩日経連会長が日本政府の対応に「顔が見えぬ」と憤慨していますが、欧米政府の初期反応の鈍さに較べればまだましな方だと思います。ブッシュ政権はイラク戦争みたいに有志連合を作って国連外しを目論見ましたが上手くいかず、これは各国が国連中心でいうようりも自国単独で被害国に「恩」を売りたい為と思います。被害者は国際政治の狭間で救われないと感じました。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中村改革大躍進、松下電器産業の金融資産1兆円…15年ぶり大台回復

日経新聞によると今年半ばに松下電器産業が1990年3月期以来15年ぶりに金融資産で1兆円の大台を回復するそうです。中村邦夫社長の「奇跡のV字回復」と呼ばれた改革の成果が資金面でも顕著に現われたわけですが、このような背景から松下創業家の松下興産の売却を思い切って断行できるのだと思います。でも売却先が大和ハウスなので、ほとんどただ同然でお荷物を引取ってもらう感じなのでしょうね?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イーアクセス千本倖生社長、2006年携帯事業に参入し平均月額料金半額を目指す

ADSL大手イーアクセスの千本倖生社長は、2006年中に携帯事業に参入して平均月額料金(\8,000)の半額を目指すそうです。ソフトバンクの孫さんも2007年に新規参入予定です。新規参入希望各社の活動活発化によって、競争激化の先取りが始まって、今年中に半額になってしまう恐れがあると思われますが、如何でしょうか?イーアクセスやソフトバンクは投下資本の回収を本当に出来るでしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トヨタ自、2005年世界販売台数、7%増の803万を計画

トヨタ自動車がグループの2005年世界販売台数について2004年実績見込み比7%増の803万台とする計画を発表しました。GMの背中に迫ることは確実です。GMは1920年代初めに経営危機に陥いりましたが、A.P.スローンが立て直し世界最大の企業に育てました。彼のマネジメント哲学や戦略をつづった「GMとともに」は今も経営の名著なのでしょうか?後継者達は読まなかったのでしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

産業再生機構、自ら3分の2まで出資の可能性

ダイエーの再建支援のスポンサー企業が3月末までに決まらない場合、産業再生機構自らが3分の2まで出資する方針を固めたそうです。再生機構は自分勝手な計画案を作ってハードルを高くしておいて、スポンサー企業が出てこなくても構わないようです。再生機構には小売流通業のノウハウはあるのでしょうか?ノウハウが無いにもかかわらず、このようなことをするならば、企業乗っ取りとどこが違うのでしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国土交通省、主要港湾の入港手続きの大幅な簡素化を図る方針決める

国交省は日本より3-4割コストが安いアジアの大型港に対抗するため、主要港湾の入港手続きの大幅な簡素化など利用コストを引き下げるため、署名から40年経過した国際条約を批准するそうです。これはつまり40年間も割高なコストを国民に押し付けてきたことに他なりません。呆れて言葉もありません。ここに至ってもなぜまだ「港湾」なのか、見識を疑います。アジアの大型港に太刀打ちできないと思います。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2, 2005 | Main | January 16, 2005 »