« December 19, 2004 | Main | December 27, 2004 »

December 26, 2004

ソニー、プラズマTVから撤退し液晶TVなどに軸足を移す

ソニーがプラズマTVから撤退し液晶TVなどに軸足を移すそうです。今までは大型はプラズマ、中小型は液晶という棲み分けがありましたが、大型でも液晶が優勢なのでしょうか?そもそも薄型TVは過当競争で収益性が見込めないのであれば、思い切って薄型TVそのものから撤退するべきと思われます。またコスト競争力で勝負してきた会社ではないので、TV事業そのものから撤退した方がいいのかもしれません。(Duke@神奈川)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

三菱自、9月中間最終決算で連結最終赤字1787億円と異例の訂正

三菱自が9月中間最終決算で連結最終赤字が326億円増加して1787億円になるという異例の訂正をするそうです。これは北米事業に対する監査法人の指摘によるものだそうですが、これはUFJなどのケースと同じく、監査法人が土壇場で中間最終決算書に不同意したからだと思います。三菱自も監査法人が引き金を引いて整理されていくようです。三菱自の命運が尽きたことが垣間見えた瞬間だったと思います。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コクド、西武鉄道株を使ってプリンスホテルや西武建設の増資行う

コクドは西武鉄道株を使った不透明な資金操作でプリンスホテルや西武建設の増資を行っていたそうです。これは迂回架空増資であり、駿河屋事件と同じく極めて違法性の高いもと思われます。このような増資を行った経営者達を検察当局は捜査に着手するべきです。諸井経営改革委員会なるものは商法上何の権限も持たない私的集団であり、関与させるべきではありません。このままでは法の正義は無いことになります。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金融庁、金融改革プログラムを発表

金融庁は不良債権問題などの緊急対応型の金融行政から金融機関の競争力や活力重視に転換して異業種参入を容易にするそうです。しかしUFJに対するような暴力団的な金融行政が行われるのであれば、へきへきして誰も参入しないと思います。何年も前から不良債権問題は無くなったと言ってきたのですから、もし本当に無くなったのであれば、金融庁自身が発展的解消した方が世のため人のためになると思います。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダイエー創業者の中内功氏、ダイエー株などの全資産を売却

ダイエー創業者の中内功氏(82)がダイエー株などの全資産を売却し創業者という名誉も辞してダイエーとの関係が一切なくなるそうです。中内氏は西武の堤氏のように違法なことをしたわけでもなく、起業家として戦後一代でダイエーを小売業売上日本一、東証1部上場までした人です。ダイエーが潰れたからと云って彼を石もって追うのは間違っています。彼のビジネスの変遷について研究されるべきだと思います。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 19, 2004 | Main | December 27, 2004 »