« October 3, 2004 | Main | October 17, 2004 »

October 10, 2004

日タイ両政府、FTA締結交渉でコメ自由化を例外で合意

日本とタイ両政府の自由貿易協定(FTA)の締結交渉で、コメを自由化の例外とすることで合意したそうです。農水省は農業の事業会社化を拒否し、外米には天文学的な関税を掛けて、国内農家の保護を主張しますが、実は農家は高齢化が進み後継者が不在です。従ってこの保護策は実は農民ではなく、農協や農水省の利権保護というのが正しいと思います。近い将来逆にタイに米輸出を懇願することになると思います。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米大統領選第2回討論、ケリー氏が辛勝

米世論調査によると米大統領選第2回討論でケリー氏が辛勝したようです。今週は「イラクに大量破壊兵器は無かった」とする政府調査団の報告書や、雇用創出の鈍化を示す統計が発表されるなど逆風の中、ブッシュ氏が以外に踏み止まった感じがします。逆に順風の中ケリー氏はなぜここで止めを刺せないのでしょうか?最終回で「ブッシュが大統領になると今後4年間イラクで米兵が死に続ける」と言えるでしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金融庁、UFJを検査忌避で刑事告発

金融庁がUFJを検査忌避で刑事告発しました。しかし金融庁は今まで銀行側とあんうんの呼吸で裁量行政をやってきており、例えば貸し出し金利は据え置いて預金金利をほとんどゼロにしたり、銀行に公的資金を注入したりして、銀行の不良債権処理という悪事を一緒に働いてきました。それを仲間割れしたからと言って突然岡引みたいに「正義の味方」になって一方を訴えるというのはなんだか鼻しらむ感じがします。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

政府与党、国民年金徴収を郵便保険会社に委託を検討

政府与党は国民年金徴収を民営化後の郵便保険会社に委託することを検討しているそうです。社会保険庁改革の一環として徴収作業を郵便保険会社に外注するならば、全国に265箇所ある社会保険事務所は閉鎖するべきですが、その点はあいまいです。結局、社会保険庁から郵便保険会社に国民年金の横取りの分け前を与えて、存在意義の無い郵便保険会社を延命させようという話にしか思えません。如何でしょうか?(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

産業再生機構、ダイエーに再生機構活用を決断するよう最後通告

産業再生機構がダイエーに再生機構活用を決断するよう12日までに回答するように書簡で最後通告をしました。ダイエーが再生機構への情報開示に協力しないからだそうですが、そんなのはUFJなど大手3行が既に把握しているはずではありませんか?再生機構はダイエー再建獲得に王手を掛けてダイエーを処理するつもりのようですが、なるべく早く高くウォルマートに転売して投下資金を回収してほしいものです。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三井住友、UFJ300株を取得して株主提案権を来年3月に獲得

三井住友がUFJ300株を9月下旬に取得して株主提案権を6ヶ月後の来年3月に獲得するそうです。三菱東京は対抗上来年3月までにUFJに臨時株主総会で統合議案の採決を要求するかもしれません。しかしUFJ側は既に9月下旬に7000億円増資してもらったので、感謝はしてもいま焦る必要はなく来年6月の定時株主総会まで待つかもしれません。来年、両社によるプロシキファイトを是非見たいものです。(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イラクの大量破壊兵器、米調査団が備蓄無しとの最終報告書を発表

イラクの大量破壊兵器について米調査団が備蓄無しとの最終報告書を発表しました。イラク戦争開戦の根拠が無かったわけであり、サダム・フセイン元大統領は無罪となり解放されるべきではありませんか?また、米国は間違いを謝罪して戦争による損害を賠償すべきではありませんか?フセインがブッシュ米国とその同盟国(日本を含む)を国際司法裁判所に訴えたら、どうなるのでしょうか?私ならそうしますが・・・(Duke@神奈川)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 3, 2004 | Main | October 17, 2004 »